食パンは何枚切り派ですか?おすすめ!

朝食に食パンを食べている方は多いと思います。

朝食はご飯派?パン派?という調査をした機関によると、20代を除く全ての世代で、パン派という結果がありました。

私も子供の頃から、350日ぐらいは食パンに目玉焼き、きゅうりとハムでした。

私は5人家族ですが、わが実家のトースターは、食パンが2枚しか焼けないもので、皆がそろっての朝食には、焼きたてのパンの人と、焼きたてじゃない人がいてですね🍞

私は長女ですので、長女の権限を大いに使って、焼きたてをゲットし、マーガリン塗って、マーガリンがトロっと溶けて、パンに染み込んでいくところを食べるのが好きでした。(我が家は8枚切りでした)

もちろん!今も大好きです!

さて、ここからが本題ですが、あなたは、厚切りと薄切りどちらがお好きですか?

私の一個人の感想ですが、

8枚(約1.3㎜)は、焼くと全体がカリッとして、パターをぬって染み込んだ真ん中が最高です!

6枚(約1.7㎜)は主流ですね。焼いてよし!はさんで良し!バターとイチゴジャムとパンの厚さが一番マッチします!

5枚(約2.2㎜)は、トーストした一口目のカリッとした噛み応え、耳までしっかり堪能できるし、一枚で満足の腹持ち。半分にカットして、半分はバター、半分は目玉焼きを乗せて食べるのが、私の定番です。

4枚(約2.5㎜)切りは、外のカリッに、中のフワモチ感と、口の中いっぱいに広がる、香ばしい香りがなんとも、贅沢感を味わえます。

どれにも良さがあり、一言二言では、この厚さの魅力は語りきれません。

かなりマニアックな話ですし、私のとても身近な人は、パンなんてどれも一緒という意見です。

好みを押し付けるのはよくないと思っていますが、ぜひちょっと厚めの『4枚切り』で食べてみていただきたい!

あやぱんでは、きめの細かフワッとした食パンづくりを目指します。

毎日変化する気温や、粉の状態、水の温度、生地の練りあがり状態、発酵の時間などから、ベストな状態で焼きあがった食パンは、やはり、厚切りで一度食べでいただきたいと思ってます。

何にもベストな状態があるように、パン(生地)にもベストな状態があります。

80%ぐらいは決まっていますが、残りの20%は、菌も生き物ですので変化します。状況判断だったり、感覚、これまでのデータから、これだ!というもので完成させます。

毎日これを、100%にすり合わせていくのが楽しみの一つでもあります。

正解=美味しい なので、どうしたらそうなるのかいつも考えながら取り組んでいます。

 

パンの仕組みなども、少しずつ載せていこうと思っています。

 

『あやぱん』では、パンをお好みの厚さにお切りいたします。

食パン以外のパンでも、出来る限りご要望にお応えして、カットいたしますので、お申し付けください。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です