墨出し

2017年11月13日(月) 墨出しでした。

墨出しとは、仕上げ工事の前に、建物の柱の中心線や床・壁の仕上げ面の位置など、工事の基準となる線をしるす作業です。

スケルトンになった状態に、ドアの位置、壁の位置、線が引かれると、具体的になってきて実感がわいてきました。

私の、こんなイメージというアバウトなものを、職人さんがミリ単位で図面にし、図面通りに実寸大に表していく作業はすごいなと思いました。

私はただただ「こうなります」「ここでいいですか」「ここはどうしますか」の質問に答えるという…

入り口のドアの位置や、窓の高さ、壁の色、ふちの色、スイッチの位置、ドアノブの種類、etc…

”決める”ことの多さに、自問自答の日々です。

これで、工事の予定が立てられ、仕上がりの日が見えてくるそうです。

12坪の小さなお店を造るのに、たくさんの職人さん、業者さん、本当にたくさんの方の支えをいただいております。本当に有難いです。

私はやるのみです。準備をしっかりしていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

中学校